阪神大賞典の簡単な血統分析

こんばんは、今週も簡単な血統分析をやってみたいと思います。

 

先週、金鯱賞フィリーズレビュー中山牝馬Sの3つの重賞があり、血統分析で取り上げたエアウィンザーが頑張ってくれましたが、その他好走馬はいませんでした

今週は挽回できるように頑張っていきたいと思います

 

 

阪神大賞典の簡単な血統分析

2018年

1着ステイゴールド(サンデー)×米国ノーザンダンサー

2着ハーツクライ(サンデー)×ロベルト

3着ディープスカイ(サンデー)×ロベルト


2017年

1着ディープ(サンデー)×欧州ノーザンダンサー

2着ハーツクライ(サンデー)×米国ミスプロ

3着ハービンジャー(欧州ノーザンダンサー)×サンデー


2016年

1着ハーツクライ(サンデー)×米国ミスプロ

2着ゼンノロブロイ(サンデー)×米国ミスプロ

3着アドマイヤドン(米国ミスプロ)×サンデー


2015年

1着ステイゴールド(サンデー)×パーソロン

2着ディープ(サンデー)×欧州ミスプロ

3着ディープ(サンデー)×米国ミスプロ


2014年

1着ステイゴールド(サンデー)×パーソロン

2着ハーツクライ(サンデー)×欧州ノーザンダンサー

3着オーソライズド(欧州ノーザンダンサー)×欧州ノーザンダンサー

 

過去5年1着〜3着までの父系、母父系の血統です
15頭

サンデー系14頭(父12母父2)

ノーザンダンサー系6頭(米国1欧州5)

ミスプロ系6頭(米国5欧州1)

ロベルト2頭 

 

サンデー系が圧倒的に強く、特に父系サンデー系の成績がいいです

種牡馬別では、ハーツクライ4頭、ステイゴールド3頭、ディープ3頭と好走いです

 

次に多いのが欧州ノーザンダンサー、米国ノーザンダンサーと続いています

 

今回注目したいのが

父サンデー系×欧州ノーザンダンサーor米国ミスプロ

です

該当馬は

コルコバード

シャケトラ

の2頭

なので、今回はこの2頭に注目したいと思います